野球の人気イケメン選手は、柳田と山田です

野球

野球は、サッカーと並ぶ国内の人気スポーツになります。年間140試合前後行い、1試合の観客も数万人集まるなど盛り上がっています。

近年は、ユニフォームもオシャレになり、イケメン選手目当てに女子ファンが増えています。パリーグは、実力のパと言われますが、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は、人気が抜群です。

チームのファンフェスティバルで行われたファン投票では、5年連続で1位を獲得しています。2015年は、3割ホームラン30本、30盗塁のトリプル3も達成した選手です。

しかし、女性ファンの支持がすごいため、球団から結婚禁止令が出されていましたが、ついに結婚したようです。また、野球は人気のセリーグと言われ巨人、阪神などが注目されますが、ヤクルトにも注目のイケメン選手がいます。

山田哲人選手は、2015年シーズン23歳の若さながら柳田選手と同じトリプル3を達成しました。内野手ながらパワーある打撃は、来シーズンも活躍が期待される一人です。

ハマりすぎ注意 野球のスポーツブックメーカー

野球とサッカーはどちらが人気?

サッカー

日本の代表的なスポーツとして双璧をなす野球とサッカーですが、現在の人気としてはどちらが上なのでしょうか。

観客の動員数から見た場合、プロ野球の平均観客動員数が約2万8000人なのに対し、J1リーグは約1万8000人と1万人ほどの差があります。このことから考えると、国内のスポーツとしては野球の方が人気が高いと言えます。

しかし、地上波での中継は視聴率の低下かから数を減らしており、地域によっては日本シリーズを中継しないというところもあります。部活動の人口も減少傾向にあり、若い世代を中心に関心が薄れてきているというのも事実でしょう。

反対にサッカーの場合、代表戦に限れば全ての試合が地上波で中継され、比較的高い視聴率をだしていますし、多くの選手がヨーロッパでプレーするようにもなっているため注目度が上がってきています。

こうした代表戦や海外リーグへの人気がJリーグへ波及していけば、国内での野球の地位も揺らいでくると考えられます。

野球に見る人気スポーツの意外な必須条件

野球

野球といえば、日本で最も親しまれているスポーツの一つです。「人気のスポーツの条件」といえば、大きなスタジアムで大勢の人が観戦できたり、選手に支払われる年俸が高額だったり、何より日本代表が世界で活躍していたりと、様々な要素があると思います。

しかし野球を例にとってみると、実は「パフォーマンス」が必須であることがわかります。例えばあの長嶋茂雄選手がスタートなったのは、活躍ぶりはもちろんのこと、独特の言動や言い回しが一種のパフォーマンスとして働いたからでした。

近年でもラミレス選手がホームランの後に芸人のモノマネをしたり、新庄選手が札幌ドームで上空から登場したりなど、プロ野球を代表する選手にはその人を象徴するパフォーマンスがつきものでした。

また、最近人気のスポーツでいえばラグビーの五郎丸選手。ルーティンと呼ばれるキックの前の独特のポーズが話題になり、多くの人が真似をしてTVを賑わせました。

精神統一のための仕草ですが、観客にとってはやはりパフォーマンスとして機能しています。スポーツ人気を支える選手の条件としてパフォーマンスに注目すると、次に流行するスポーツがわかるかもしれません。